転職エージェント / 人材紹介サービスのエン エージェント

転職ノウハウ

あなたの転職成功に役立つ、転職ノウハウをご紹介します。

30歳が考えるべき自己分析・自己PRのポイント

履歴書の書き方

30歳が考えるべき自己分析・自己PRのポイント

30歳の社会人が自己PRを考えるときのポイント

社会人生活の経験を10年近く積んできたこの時期の転職は、自分のスキル、適正、実績を具体的にプレゼンできる強みがあります。30歳の社会人が自己PRを考えるときは、どんな点に注意する必要があるのでしょうか。

30歳ってキャリア的にはどんな時期?

30歳という年齢は、社会人の経験が高卒で10年以上、大卒でも10年近くの時期に当たります。これまでの経験・スキルがどの分野で程度身についているかが明確になりつつあります。また即戦力としての個人差も現れています。ビジネスマンとしてスペシャリストを目指すか?ゼネラリストを目指すか?の岐路に立つ人も多いでしょう。
転職市場における30歳は、社会人としての実績やスキルが採用の大きなポイントとなる年齢です。また、さらなる可能性や潜在的な能力にも期待が寄せられています。自己PRを作成するときは、こうした点にきちんと応えたものにしなければなりません。自己PRの基本的な考え方と陥りがちな注意点について紹介します。

自己PRを作成する前に…

これまでの実績を振り返り、成功パターンと失敗パターンを整理してみましょう。仕事に対する基本姿勢や発想の仕方などにも、自分なりの方向性が見出せるのではないでしょうか?その姿を踏襲していくか転換していくかを含めて、現在の本心をしっかりと自覚することが大切です。客観的な視点で自分の個性を分析することも、他と差がつくポイントになります。

まず自己分析をする

自己分析するときは「自分はなぜ転職したいのか?」「どのような職場を求めているのか?」「自分の強みは何か?」「希望の職場に採用されたら、自分はどんな貢献ができるのか?」という4つの切り口から分析しましょう。それが自己PRのベースになります。

・なぜ転職したいのか?
給料が安すぎる。スキルが身につかない。やりがいがない。人間関係が悪い・・・こうした不満から転職を希望する人も多いと思います。そういう場合、「スキルに見合った給料が得られる」「これまでのスキルが生かせる」など、不満を逆転することで自分の望む職場がどのようなものかが見えてきます。

・どのような転職先を希望するのか
これまでの不満を満足に変えるために、何らかの条件が必要になる場合があります。「年収はアップするが給料ではなく年俸制になる」「これまでのスキルを生かすためにはマネジメントも担当する」など、自分が譲歩できる条件を加味して希望する転職先のイメージを具体的にしていきましょう。また、「B to Bの企画営業をやりたい」あるい「B to Cのサービス・販売に関わりたい」など、産業分野、職種、企業規模などの希望もより具体的に整理していきます

・自分の強みは何か
協調性、明るさ、リーダーシップなどのマインド面での人間力や、これまでのキャリアを振り返って仕事で身についた能力、実績、成功体験などすべてのスキルを書き出します。これは自分の成長の軌跡や学習能力の高さ、現実対応能力などを示す材料となります。できるだけ客観的な評価が望ましいため。可能な範囲で上司、同僚、後輩など、自分の仕事ぶりを良く知る人にも意見を求めましょう。

・ 転職先にどんな貢献ができるか?
自分の強みを生かして、転職先の会社にどのような形で貢献できるのかを具体的・論理的に書き出してみましょう。「リーダーシップとスキルを生かし、新規プロジェクトを立ち上げることができます「営業経験とこれまでの人脈を生かし新規開拓を目標○○にします」といったレベルまで落とし込み、「私を採用することで、会社とWIN=WINの関係が成立する」と結論づけましょう。根拠となるデータや数値を添えればさらに説得力が増します。

「30歳の自己PR」を作成する

ここまで分析した内容を踏まえて、実際に自己PRを組み立ててみましょう。自己PRの構成は、ざっくりと以下のような流れに沿って作成します。
1、もっとも強調したい自己アピールポイントを打ち出す
2、具体的な実績やエピソードによって、そのアピールポイントを根拠づける
3、自分のアピールポイントは面接先の会社でどのように生かせるのかを論理的に説明する
4、自分を採用することで得られるベネフィットを提示する
30歳という年齢であれば、形にできる実績があるのは当然といっても過言ではありません。採用側は「これまでの仕事に対してどのように取り組み、どんな結果を残し、どう評価されたのか」を詳細に知りたいものです。自分なりの努力・工夫で達成や改善ができた結果は、一つでも多くアピールしましょう。「熱意を持って仕事に取り組む」のは当然のこととして、実績を客観的かつ論理的にアピールすることで、「自社にふさわしい即戦力である」という評価が得られるでしょう。

Top

エン エージェント|20・30代の転職に強い転職支援サービス

  • 1人では気付けなかったあなたの「次の可能性」を発見
  • 転職サイトにはない限定非公開求人の紹介
  • 専任のキャリアパートナーがはじめての転職も徹底サポート

転職のご相談から「入社後活躍」まで、
専任のキャリアパートナーがあなたを徹底サポートします。

無料転職サポートに申し込む

得意分野別のキャリアパートナーを探す

転職に役立つ!人気の転職ノウハウを探す

無料転職サポートに申し込む