転職エージェント / 人材紹介サービスのエン エージェント

転職ノウハウ

あなたの転職成功に役立つ、転職ノウハウをご紹介します。

35歳が考えるべき自己分析・自己PRのポイント

履歴書の書き方

35歳が考えるべき自己分析・自己PRのポイント

35歳の社会人が自己PRを考えるときのポイント

幹部社員としての資質も問われるこの時期の転職は、スキルレベルとともにマネジメント能力の高さが採用の決め手となるケースも多いようです。35歳の社会人が自己PRを考えるときは、どんな点に注意する必要があるのでしょうか。

35歳ってキャリア的にはどんな時期?

35歳という年齢は、ビジネス社会での経験を本格的にアウトプットするとともに、これまでに身につけたスキルを次の世代にバトンタッチする時期に入っています。人材育成に貢献できる人間力も求められるため、コミュニケーション能力をさらに高めていく心構えも必要になってきます。時には経営的な視点で物事を考えられる素養も求められるようです。転職市場における35歳は、企業の幹部社員としてふさわしいか?将来、経営陣になり得るか?などの期待も寄せられます。企業を繁栄発展させるにはカリスマ性を持った人材も必要です。これまでの人生にストーリを持っているか?という点にも注目されるでしょう。キャリア、スキル、ビジョンに一貫性があることも企業にとっては大きな魅力です。自己PRを作成するときは、こうした点にきちんと応えたものにしなければなりません。自己PRの基本的な考え方と陥りがちな注意点について紹介します。

自己PRを作成する前に…

ビジネス社会10数年の経験をもとに、仕事への自信や誇りを再確認することが新たな自己発見にもつながります。それらのプロセスからビジョンをより具体的に固めることもできるでしょう。転職先企業のフィロソフィーをよく理解し、自分のビジョンと共鳴するかどうかの判断も大切です。条件面での満足のみに固執しているのではなく、自分と転職先企業のハートがどのように融合できるのかをPRすることが、他と差がつくポイントになります。

まず自己分析をする

自己分析するときは「自分はなぜ転職したいのか?」「どのような職場を求めているのか?」「自分の強みは何か?」「希望の職場に採用されたら、自分はどんな貢献ができるのか?」という4つの切り口から分析しましょう。それが自己PRのベースになります。

・なぜ転職したいのか?
この年齢になると、家族をより満足させるためのステップアップを求める転職が増えてくるようです。自分のスキルやキャリアを「より高く売りたい」という考えは当然のことですが、それは大きな柱の一つであり、自分の生きがい、転職先へのメリット創出も同等のレベルで考えていくことが大切です。この時期の転職が最後というケースも多いことから、慎重さと大胆さのさじ加減が難しいところです。真剣に自己と向き合い、より満足できる選択に全力を注ぎましょう。

・どのような転職先を希望するのか
この時期の転職は、具体的な目的を持っている場合が多いと思われます。従って、条件面での優先順位を明確にすることは比較的容易です。それを元に、転職先を複数の角度から自分なりの価値観で見極めていきましょう。客観的な視点はもちろん大切ですが、仕事へのスタンスはほぼもう決まっているという人が多いと思われます。そのため自分を新しく大きく変えることを強く望まない限りは、自然体の自分が生かされ自分らしく成熟していける職場環境を見つけることが成功への道です。

・自分の強みは何か
転職先会社は、人間力に支えられたスキルやキャリアを求めています。これまでのキャリアを振り返って自分の「物語」を作ってみましょう。これは、自分の道のりを総括する作業でもあります。その中で、このスキルとこの個性や人間力があったからこそ!という成功のエピソードがいくつか発見できるのではないでしょうか?それこそが自分だからこその強みとなります。人の気持ちを引き寄せるエッセンスが隠されているかもしれません。

・ 転職先にどんな貢献ができるか?
自分の強みを生かして、転職先の会社にどのような形で貢献できるのかを具体的・論理的に書き出してみましょう。会社の中には優れたリーダーを求める企業も多いようです。「○○の分野で人材育成に関わってきた」「○○の経験をもとに○○のチームを育て上げた」といったレベルまで落とし込めるキャリアがあれば「私を採用することで、会社のさらなる成長に貢献できる」と結論づけましょう。根拠となるデータや数値を添えればさらに説得力が増します。

「35歳の自己PR」を作成する

ここまで分析した内容を踏まえて、実際に自己PRを組み立ててみましょう。自己PRの構成は、ざっくりと以下のような流れに沿って作成します。
1、もっとも強調したい自己アピールポイントを打ち出す
2、具体的な実績やエピソードによって、そのアピールポイントを根拠づける
3、自分のアピールポイントは面接先の会社でどのように生かせるのかを論理的に説明する
4、自分を採用することで得られるベネフィットを提示する
35歳という年齢の転職には賛否があります。失敗がクローズアップされるケースも見受けられますが、人材は常に求められています。成功のためは、転職者と採用側が本音で向き合い、無理をしない判断や決定をする姿勢も大切です。条件面でもシビアなやりとりが予想されますが、それに怯むことなく転職に対する自分の考えを堂々とプレゼンテーションできる心の余裕も必要です。会社の将来を任せられるスキルと人間力をバランスよく持った人材であることがより良い評価につながります。

Top

エン エージェント|20・30代の転職に強い転職支援サービス

  • 1人では気付けなかったあなたの「次の可能性」を発見
  • 転職サイトにはない限定非公開求人の紹介
  • 専任のキャリアパートナーがはじめての転職も徹底サポート

転職のご相談から「入社後活躍」まで、
専任のキャリアパートナーがあなたを徹底サポートします。

無料転職サポートに申し込む

得意分野別のキャリアパートナーを探す

転職に役立つ!人気の転職ノウハウを探す

無料転職サポートに申し込む